風俗業界で働いている人たちというのは実際に性的サービスを行う風俗嬢だけでなく、彼女たちをサポートしたり店舗の経営を行う男性スタッフもいます。風俗嬢が高収入求人に惹かれて働くことが多い中で、男性スタッフにおいても高収入を確保することができるでしょうか。今回は男性が求められる風俗の仕事内容とその注意点について紹介していきます。

 

縁の下の力持ちとして下支えを行う

風俗店においては風俗嬢がきちんと性的サービスを行うことによって売り上げを稼いでいきます。風俗嬢だけで風俗店の経営ができるのかというとそういうわけではなく、彼女たちをさせる男性スタッフがいないといけないです。ホストにならない限り風俗という仕事のメインストリームにはなれないですが、男性スタッフにおいてもそれだけ需要があります。

男性スタッフが担うべき役割として、風俗嬢のサポート・教育とお客様の応対(受付や電話応対)、その他の仕事の3つになり、そういうことをしていきながら店舗を経営していく必要があります。きちんとした風俗店であれば、風俗嬢だけでなくきちんと男性スタッフの教育までやっていく必要があるでしょう。

仕事内容は風俗に関する仕事なのでお客様の多くは男性を相手にしていきます。こういう男性は高いお金を支払って性的サービスを受けに行くわけですから、お客様に失礼の内容に対応をしたり、満足いく対応をする必要があります。特に高級店で働いている男性スタッフはそれ相応のレベルが求められますので、そこのところは十分に注意をした方がいいでしょう。

店舗がある風俗店であれば電話対応と受付の両方があるわけですが、店舗がない風俗店であれば電話対応をしっかりとしなければいけません。お客様と対面することが無いからこそ、電話での対応は慎重を期します。場合によってはおすすめの風俗嬢を尋ねられることがありますが、この際にうまくヒアリングをしてお客様の好みの風俗嬢を見つけ出す必要があります。

 

風俗嬢が何かあった時に助ける役割がある

男性スタッフとしては風俗嬢に気持ちよく働いてもらうことが重要です。風俗嬢がお客様である男性に襲われたらすぐさま男性スタッフは彼女たちを守る必要があります。お客様の大半はそんなことをしないわけですが、中にはそういう困ったお客様もいます。そういう時に風俗嬢になり替わって毅然とした対応を行うのが仕事です。

お客様の中には本番行為をしたがる人もいるわけです。ソープランド以外の業態で本番行為をするというのは禁止されており、風俗嬢にもそういうことをするなと言う風に指導をしています。それでも本番港をしたがるお客様を制してくれればいいですが、新人になると指名してくれるお客様を確保したいということで応じることがあるようです。そういう時に断る役割を負うのが男性スタッフです。

デリヘルの場合は風俗嬢を送迎するという枠割を追っている男性スタッフもいます。単なる送迎だけで終わればいいですが、場合によっては風俗嬢が襲われるということもあり得ます。そういう時に送迎を担当するスタッフは風俗嬢を助ける必要があります。

 

男性スタッフでも需要はある

風俗業界の主役は風俗嬢であることは間違いありませんが、彼女たちを気持ちよく働かせたり、お客様を集客するためには男性スタッフの力が欠かせません。男性でも求められていることはたくさんありますので、ぜひともそういう風俗店を探し出してください。